ひがしはら歯科医院

治療前に一読

親知らずについて

親知らずとは

親知らずの正式名称は第三大臼歯と言います。
通常、人間の歯は12〜15歳くらいで生え揃います(上下28本)。その後20歳頃に永久歯の中で最後に親知らずが生えてきます。平均寿命が今より低かった時代、自分が20歳になる前に親が亡くなることが多かったので「親知らず」と呼ばれてきたそうです。

人によっては生えてこない場合もありますが、親知らずは、きちんと生えてこなかったり、生えてくる時に痛みがあったり、ちょっと大変な歯です。 多くの場合、抜歯が最善の治療法と考えられますが、きちんと生えて上下でかみ合っているなら抜かなくても良い場合もあります。
周辺の歯に対する影響や、歯並びやかみ合わせなど、親知らずが原因で何らかの支障が出る場合、抜くか抜かないかを考えます。

親知らずのトラブル

親知らずが原因で考えられるトラブルはどのようなものがあるのでしょうか。

親知らずは半分歯茎の中に埋っていたり、傾いたりして真直ぐに生えてこないことが多い歯で、その埋まり方は様々です。 親知らずが正常な位置に生えてなかった場合、噛み合わせがずれた状態になり、顎がガクガクしたり、異常に歯がすり減ったり、歯並びが悪くなったりします。
また、一番奥に生えてくるので、口の中に残った食べ物が溜まりやすく、炎症を起こしやすい状態になっていますので、お手入れが大変で虫歯になりやすいです。

この他、歯並びが悪くなることで、全体的なかみ合わせが悪くなり、顎にも悪影響を与え、顎関節症を招いたり、肩こりや頭痛の原因になることもあります。
自覚症状が無くても、その後の歯の健康のことも考えて、早期の歯科医の診療をお勧めいたします。

親知らずの処置は通常の診療でも行っておりますが、通常の診療では外科的に困難な診療にも対応するため、口腔外科専門医による診療を日曜日(月1回)に設け、安心かつ安全に抜歯などの外科処置にも対応しています。

(口腔外科診療に関して詳しくはこちらをご覧ください。)

その他の記事もぜひご一読ください

▲ページトップへ

copyright (c) higashihara dental clinic all rights reserved.