ひがしはら歯科医院

治療前に一読

歯周病について

歯周病とは歯周病菌によって歯を支えている骨が吸収してしまう病気を言います。 歯周病は大きく歯周炎と歯肉炎に分けられます。

自分の歯がぐらつく、または歯が浮いた感じがする、常に腫れている感じがする、 膿が出ているようなにおいがする・・・このような症状を感じた方は多いと思います。


なぜなら、30代以上の80%は歯周病に罹っていると言われているからです。 歯周病はほとんど痛みを生じない為、いざ歯を抜かなくてはならない時まで、 気付かない場合があります。
塗り薬やうがい薬で治ることなく歯科医院での的確な診断・治療が必要です。

歯周病は虫歯と違い患者さんの協力が必要な治療です。 まずはレントゲンを含めた診断で現状を把握します。 現状を知ることは大変重要なことで、予防の第一歩となります。

そして原因を理解し、コントロール手段を身につけて、上手く付き合っていければ 、ほとんど進行しない怖くない病気です。当院は、患者さんと一緒に予防治療を考えていきます。 誰もが一生自分の歯で噛みたいですよね。

その他の記事もぜひご一読ください

▲ページトップへ

copyright (c) higashihara dental clinic all rights reserved.