ひがしはら歯科医院

治療前に一読

虫歯について

虫歯にもいろいろ種類があります。歯の表面が白くなっている初期のものから神経に達している大きなものまですべて「虫歯」と言います。

初期: 表面が白くなっている
ちょっと進行: 穴があいているがしみないし痛くない
中期: 冷たいもの・温かいものがしみる
さらに進行: 物をかむと痛む
後期: 寝れないほどズキズキ痛む

虫歯になると、次第に痛みが出てきます。そのまま放っておくと歯の中の細菌が増殖して、 他の健康な歯にも悪影響を与える恐れがあります。最終的には歯を抜かなくてはならなくなり、 歯並びや噛み合わせにも影響してきてしまいます。

初期の虫歯ですと歯を削る量も少なく済みますが、穴が大きくなるほど削る量も多くなってしまいます。なるべくご自身の歯を大切に残すためには早いうちの治療が必要になります。

虫歯になってしまった部分のみをキレイに取り除くようにしています。当然、虫歯が初期なほど削る量も少なくなりますが、 なるべく歯を残す、しかし虫歯は残さないを第一に考えます。
もし大きな虫歯になり、神経を取るも取らないもその状況に応じた的確な判断が必要です。

また当院では、早期発見のため「定期検診」を重要と考えています。定期的にお口の中の健康をチェックして、早めの治療と予防に努めましょう。

歯医者さんは「痛い!怖い!」などのイメージをお持ちの方、当院では痛くない治療をご用意しているだけでなく、 細心の注意を払い治療しておりますので、安心してご来院ください。
虫歯の診療の際に、疑問や不安がありましたらお気軽にご相談ください。

その他の記事もぜひご一読ください

▲ページトップへ

copyright (c) higashihara dental clinic all rights reserved.